江藤雅樹BIOGRAPHY

江藤 雅樹(Masaki Eto)

作曲 編曲家 サウンドプロデューサー(Pf&Melodion)

 

Profile

国内外の映画・CMなど数多くの映像作品や歌手のアルバムを手がける。

 

映像音楽においては「映像に音楽を付けるのではなく、音、響きを通じて映像を演出する」のがモットー。

映像の中で音楽を作るのではなく、音楽を通して映像作品をチームの一員として

作るスタンスが、映像制作関係者の間で定評を得ている。

ピアノとオーケストラを使用した繊細で壮大な劇伴を専門としつつも、

バンドサウンドやシンセプログラミングなどジャンルにとらわれない幅広い音楽に対応する。

 

Biography

兵庫県神戸市生まれ。作曲家の祖父藤輝、作曲家の父江藤誠仁右衛門、

ピアニストの祖母 江藤支那子、ピアニストの母江藤真理子の下に生まれ、

幼い頃から音楽に慣れ親しみ、 ピアノ・ヴァイオリン・作曲・ヴォーカルなどを学ぶ。

 

オーディション合格をきっかけに15歳で神戸から上京し、シンガーソングライター 、コンポーザーとして音楽業界でのキャリアをスタート。1998年ギタリスト石橋文博と共に、リーダーバンド Isis-fam(イシスファム)を結成。日本各地で演奏活動を行い、「Daddy~The movementof the fetus~ 」 「at home smile」の2枚のフルアルバムをリリース。

 

1998年に現在の株式会社ビッグメイドミュージックの前身スタジオビッグメイドを設立。

作曲編曲家としてキャリアを積み、近年は国内外、メジャー・インディーズを問わず

歌手の作品プロデュースや、映画(日本台湾合作映画「アディクトの優劣感」/コリン・チョウ主演「Reason of Life」、たじまなおこ|イ・サガン共同演出「いつか会える日まで」など)の音楽や、ネスレ、Midea、P&G、住友化学、ホーユー、ジブラルタ生命など国内外の有名企業CM・VPなど、多種多様なフィールドで数多くの作品を担当している。

 

CIM(国際音楽療法センター)をはじめ各国の音楽療法の成果を長年独自に研究し、

独自に開発した倍音を共鳴させるピアノの特殊奏法や、チベット密教の法具である

シンギングボウルを楽器として取り入れるなど、新たなリラクゼーションのための

ヒーリング音楽にも取り組み、石笛奏者若月佑輝郎氏と共にGarjueの名義でジブリ

公式カバーアルバム「祈り~GHIBLI de LOVE THE WORLD & NATURE~」を

リリースするなど、ヒーリングミュージックの分野でも50作以上の作品を送り出している。

 

2015年以降は国の重要無形文化財総合指定保持者 観世流 能楽師 勝海登氏

共に能楽や邦楽など日本の古典芸能とのコラボレーションを実現し、新たに作曲した「宙の舞」「羽衣」は、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス共和国、ベルギーをはじめ、世界各国で好評を得ている。

Copyright (C)2015BIGMADE MUSIC Inc. All Rights Reserved.